自民党から民主党への政権交代劇を経て
鳩山政権になり1ヶ月が過ぎました。
 当初は鳩山夫妻の外交や新人議員・閣僚人事など
華やかな表舞台がとりあげられていましたが、
実際の政治手腕やマニフェスト実現、諸問題の解決など
注目が集まっています。

 民主党が掲げていたマニフェストは…
・「子ども手当」の支給
・年金制度の一元化
・中小企業の法人税率引き下げ
・手当付き職業訓練制度
・消費税率を4年間は上げない
などです。

 先日発表された来年度の予算の概算要求は
過去最高の95兆円となっていました。
上記のようなマニフェスト実現を踏まえ、
予算が膨らんだ結果となったようです。
国の借金はまたも増えるのでしょうか・・・


 私達会計事務所にとって注目したいのが
中小企業の法人税率の引き下げや消費税率です。
どちらも会社や消費者にとってはいい事のように思えます。

 マニフェストは選挙を勝つ為の飾りではなく、
選挙に勝った後の党の方向性として作って欲しいものです。
今回の民主党の公約は果たして守られるのでしょうか…
すぐに全てを実現できるわけではないと思いますが、
民心を裏切らないよう願うばかりです。