所得税の確定申告が始まりました。
  つい先日新年のご挨拶を交わしたばかりのような
 気がしますが・・・
  これから1ヶ月、個人事業者の方の1年の締めくくり。
 正しい申告を期限内に提出するよう準備をお願いします。


  さて、今日はH21年度所得改正の中から住宅ローン税額
 控除制度の改正について、一部ご紹介したいと思います。


 §住宅ローン税額控除制度の要件が緩和されました§
 
 ①住宅ローン税額控除制度の適用対象となる増改築等に
  ついて、平成21年4月1日から平成22年12月31日までの
  間に自己の居住の用に供した場合の一定の省エネ改修
  工事の要件が緩和されました。

 ②住宅の取得等をして自己の居住の用に供した居住者が、
 当初居住年に、勤務先から転任命令等によりその家屋を
 自己の居住の用に供しなくなった場合であっても、再びそ
 の家屋を自己の居住の用に供した場合には、一定の要件
 の下で、再居住年以後の各適用年について、住宅ローン
 税額控除の適用を受けることができることになりました。

 ③居住者が所有している家屋について、自己の居住の用
 に供する前に一定の増改築を行ない、6ヶ月以内に自己の
 居住の用に供した場合、その増改築等について住宅 ローン
 税額控除の適用を受けることがでることになりました。

 ④個人住民税における住宅借入金等特別税額控除制度の
 創設に伴い、給与所得者の源泉徴収票の記載事項に関す
 る所要の整備が行われました。


   住宅ローンの税額控除は他にもいくつか改正されてい
  ます。詳しくは、最寄の税務署又は当事務所までお気軽
  にお問い合わせください。