近頃、よく話題に上るのが消費税のことです。
近々あがるらしいけど、本当ですか?いつからですか?というようなことです。
(課税事業者の方は95%ルールについても改正がありましたが、そのことには今回はふれません)

 2012年6月26日に、消費税増税法案が衆議院にて可決されました。
法案によると、24年から消費税率8%、その後10%にまで引き上げられるそうです。
 一般消費者はもちろん、納税義務の有る事業者の方も大変な痛手です。
 これはもう、変わることはないのでしょうか・・・

 この法案の条文をよく見てみますと、附則の中にこのような箇所があります。
4 消費税率の引き上げ前に、種々の経済指標を確認し、2(消費税率の引上げにあたり、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて必要な措置を講ずる)の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の:::kirakira::::::star1::: 停止:::kirakira::::::star1:::を含め所要の措置を講ずる

つまり、今より経済状況がかなりよくなっていなければ、消費税は引上げない、てことですよね!

 それから、国民は消費税増税に、強い反感を持っていますので、法案が実施される前に行われる衆議院、参議院選挙で政界再編となり、廃案とされる可能性も残っているのではないでしょうか。
 
 なので、この消費税は上がるの?という質問の答えは、24年からあがるみたいだけど、もしかしたら上がらないかもしれないですね、という感じでしょうか。
 少しでも明るい未来を望みたいですね。