早いもので、もう11月も半ばとなりました。
給与支払事務所の方には、税務署から年末調整関係書類も送付され、年末モードです。

平成22年分の年末調整については、昨年までとあまり変更はありません。

今年度から支給されているこども手当の影響で、扶養控除が変わったのではないかとご心配の方も多いと思います。

しかし、扶養控除については、平成23年分からの変更になります。

23年分からは毎月の給与の源泉徴収税額も変わります。

16歳未満の扶養親族(子供さん)は扶養親族の数に入りません。
16歳以上の扶養親族はこれまで、特定扶養ということで、上乗せがありましたが、
23年分からは今までの一般扶養と同じ扱いになります。

こども手当を需給されて、収入が増える方も逆に減ってしまう方もいると思いますが、
いずれにしても有意義に使いたいものですね。